Muffin Muffin

地理

草加市は南部を東京都に隣接しており、地理的には関東平野のまさに中央に位置しています。そのため起伏が少ない平坦な地形をしているほか、市全域が海抜4メートル以下という低地の環境にあります。この環境ゆえ、古くから河川の氾濫による洪水の危機にさらされてきました。その克服への取り組みが草加市の歴史といっても過言ではないでしょう。

 

とくに綾瀬川は古くから大雨のために氾濫を繰り返してきており、住民を悩ませ続けてきました。この問題は決して大昔の話ではなく、ごく近代まで続いていました。それが最終的に克服されたのは綾瀬放水路の完成。草加市の綾瀬川から八潮市の中川を結ぶ放水路で、全長4キロメートルにも及びます。基礎部分の完成は1992年、当時の建設省、東京都、埼玉県、さらに綾瀬川流域の40の自治体が加わった協議会によって計画され、建設されました。最終的に設備が完成したのは1999年。これを見てもいかに河川の氾濫が長い間草加市民を悩ませ続けたかが窺えます。

 

地理ではやはり日光街道の宿場町として発展した環境を忘れてはならないでしょう。とくに草加松原は現在でもその名残を残す風情あるたたずまいを残しています。また、草加駅は開発が進められていますが、中心から一歩離れると小規模な店舗が立ち並ぶ商店街が形成されています。こうした人の生活によって形作られたエリアごとの雰囲気の違いも草加市の大きな特徴といえるでしょう。

 

他にもかつて東洋一といわれたマンモス団地、松原団地なども草加市の特徴です。平坦な低地という条件を克服し、長所を活かしてきた市の歴史が今でもそのまま残されているのです。


千葉の風俗は千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/